筋トレギア・リストストラップおすすめの理由

ボディメイク

-INTRODUCTION-

この記事は

筋トレで是非おすすめしたいアイテム「リストストラップ」について記録しています。

リストストラップって知っていますか?

↓コレです。

どんな時に使用するかというと、
筋トレで例えば広背筋(背中の筋肉)を鍛えたいとします。
そのためには、手で重りを持って行うのですが、肝心な広背筋を追い込む前に、重りを持っている腕が先に疲れてしまって、重りを持っていられないことがあります。
そうなってしまうと、広背筋のトレーニングは十分に行えずに終了してしまいますよね。

それを防ぐために、腕に負荷をかけずに重りを持ち上げるのを手助けしてくれるのがリストストラップです。

その他にも、重りの握る位置を固定することができるので、安定したフォームでトレーニングに集中できるという使い方もあり、多くのトレーニーに愛用されているアイテムなんです。
とてもメジャーな筋トレギアなので、使い方などを記録していこうと思います。

トレーニング初心者から、高重量を扱えるようになってきた中級者まで幅広くおすすめのアイテムですので、ぜひ読んでみてください。

-BODY-

リストストラップの効果

リストストラップを使用する主な目的は2つあります。

  • 体幹の大きな筋肉を鍛える際、重りを持っている手や腕などの小さな筋肉が先に疲れてしまい、ターゲットの大きな筋肉を追い込めずに終了してしまうのを防ぐ
  • ダンベルやバーベルを握る場所や形を固定し、安定した軌道で動作を行う

腕に結んだリストストラップを、バーベルなどの握る部分にくるくると手に巻き込むように巻きつけ、それを握ることで、手と重りのバーがガッチリと固定されます。

手とバーが繋がれることで、握力や腕の力が弱くても、重りが手から離れません。
また、握る場所と握り方が固定される為、安定した軌道が描けるようになります。

筋トレ上級者が、とても素手では耐えきれないような高重量の重さを持ち上げる時に使用することが多いですが、
筋トレ初心者が、筋力が弱い為にターゲットの筋肉に効かせることができない時にもとても有効なアイテムです。

リストラップとは別物

リストストラップと似た名前のもので、リストラップというものがあります。
これ、「腕に着用する」という点では同じですが、全くの別物です。

リストラップは、手首にぐるぐる巻いて手首の動きを固定することで、手首を捻ってしまう怪我を防止する別の筋トレギアです。
コレも着用している人が多いので、リストストラップと並んで二大筋トレギアと僕は思っています。

リストラップは僕もあまり使わないので、説明できるくらいの実践を積んでからまた別の機会にお伝えできればと思います。

でも、リストストラップに頼りすぎてはダメ

ここまで良い所をたくさん紹介してきましたが、リストストラップに頼り過ぎは良くありません。

体幹の大きな筋肉を鍛えるために使用する腕の筋肉や握力も同時に鍛えることで、筋トレ全体のレベルアップに繋がるのは間違いありません。
ターゲットを鍛え上げるために連動する筋肉も鍛えていかなければ、ある程度の重量に達したときに頭打ちになるのは目に見えています。

僕の場合、

  • 高重量低レップ(5レップとか)のメニューを行う時
  • 苦手な部位でどうしてもフォームが固まらない時

これくらいしか使わないようにしています。
リストストラップを着用することになれてしまっては、フィジカルという広い概念で考えたときに本当に成長できているのか疑問に思います。

体が変われば変わるほど、重量がどんどん上がっていくのがボディメイクです。
ギアに頼りすぎるのはやめましょう。

-SUMMARY-

ゴールドジムのリストストラップがおすすめ

僕も愛用していますが、ジムでリストストラップを使用している人の中で、ゴールドジムの物を使用している人は本当に多いです。
知名度の高さ・流通量の多さももちろんの理由ですが、モチベーションの上昇も然り、実際に使用してみて満足している人が多い証拠ですのでおすすめします。


タイトルとURLをコピーしました