スマホの補償はどこが一番お得なのか!?携帯電話3大キャリア徹底比較!

マネー

-INTRODUCTION-

この記事は、
『スマホの紛失・盗難・故障・破損などのトラブル時の補償のキャリア別の比較』
についてまとめています。

常に持ち歩くスマートフォン。
とても高価なものなのに、壊れたり失くしたり、様々なトラブルが付き物ですよね。

僕は2年ほど前、片手にスマホを持ちながら財布の中から会員カードを出そうとしていて、画面を下に道路へ落としてしまい、ディスプレイがバリバリに割れてしまった苦い経験があります。

僕の友達は、手にスマホを握ったまま電車の中で寝てしまい、手から滑り落ちたスマホをシートの上に置いたまま電車を降りてしまい、結局見つからず、紛失してしまったことがある様です。

こんな感じで、自分の不注意でスマホを壊してしまったり失くしてしまった時、キャリアによっては補償サービスを受けられることがあります。

そこで今回は、国内の大手3キャリア、NTT docomo、au、SoftBankを比較してみました。

-BODY-

NTT docomo

NTT docomoの補償プランは

  • ケータイ補償サービス

と言います。

*ケータイ補償サービス for iPhoneは2019年5月で受付終了・統合されたようです。

補償に必要な月々の支払い料金は機種によって異なりますが、300円〜1,000円/月ほど。
(iPhoneは500円〜750円/月)

「故障」「水濡れ」「全損」「紛失」「盗難」の際に、年に2回までですが、7,500円〜11,000円の自己負担で、新品同等の交換品を受け取ることができます。

ken
ken

紛失・盗難など、機種本体が手元に無い状態でも対応してもらえるんだ!

au

auの補償プランは

  • 故障紛失サポート

と言います。

補償に必要な月々の支払いは630円/月、docomoと比べると安価なようです。
年に2回まで、1回目は2,000円〜5,000円2回目は5,000円〜8,000円で、新品同等品と交換してもらえます。契約状況により価格は変動するものの、こちらもdocomoより安価な価格設定ですね。

さらにauでは、保護フィルムを画面に貼って届けてくれるそうです!
(もっとスマホ大切にしてくれよな、って怒られているような気がする。笑)

そしてそして、
auの特徴は、なんといっても特急便です。

東京23区内と大阪市内であれば、申し込みから3時間後に届けてくれるという、紛失したその日にもう新しいスマホが手元に届いてしまう素晴らしいサービスです。(受付時間:9時〜17時)

1回3,000円追加で支払えば対応してくれます。

ken
ken

docomo同様、紛失も補償される上に、特急便なんていうサービスも提供しているのか!

SoftBank

SoftBankはiPhoneとスマホでサービスが分離しています。
以前はdocomoなども同様の形態でしたね。

  • あんしん保証パックプラス
  • あんしん保証パック with Applecare Services

あんしん保証パックプラス

月額使用料:650円
7,500円の負担金で、新品同等の交換品を最短翌日には配送してくれます。
*離島・一部地域除く

故障対応:無料(水濡れや全損は除く)
破損:外装修理代90%をSoftBankが負担、自己負担額1,500円
水濡れ・全損:5,000円
盗難・紛失:特別会員価格にて新機種を提供

ざっくりとこのような保証内容です。

特別会員価格が気になるところですが、噂では9割負担ほどとのことです。
(9割引ではありませんよ。)

あんしん保証パック with Applecare Services

月額使用料:1,190円(最新機種の金額で、機種による)
11,800円の負担金で、新品同等の交換品を最短翌日に配送してくれます。
こちらの保証パックは、物損だけでなく、紛失・盗難の場合も対象となるようです。

それ以外にも、画面割れ修理が3,400円など、新品に交換しないプランも多く揃っています。

ken
ken

softbankは、iPhoneか、iPhone以外のスマホかで、補償の内容に注意が必要みたいだね。

-SUMMARY-

まとめ

どのキャリアも10,000円前後で新品同等品と交換してもらえる

どのキャリアも、回数に制限などはあるものの、10,000円前後で新品同等品と交換してもらえるプランがあるようですね。
ただ、交換するスマホが手元にない場合(紛失や盗難の場合)は、プランによっては注意が必要なようです。

絶対に補償プランは契約すべき

月々1,000円程度の支払いとして、年間12,000円ほどの負担になりますが、10万円以上のスマホが当たり前のこの時代、必需品のための”保険料”と考えたら安いもんだと思いませんか。

iPhoneの場合は契約は必須

3大キャリアを比較してみましたが、iPhoneに関してはどのキャリアも、紛失や盗難でも交換品を受け取ることができ、補償が手厚いですね。絶対に契約しましょう!

補償プランの契約チャンスは機種を購入したタイミングだけ

補償サービスは、そのサービスを契約する機種を購入した際にのみ加入することができます。
使用していて調子が悪くなってから加入すると言った不正を防ぐためですね。
機種を購入したタイミングに、必ず加入する様にしましょう。

注意!交換してもらえる機種は同じ機種のみ

もちろんのこと、新品同等品との交換品も、特別価格の新品購入も、使用していたスマホと同じ機種しか対象となりません。注意してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました