長引く咳・・・それ、ただの風邪では無いかもしれません

ヘルスケア

-INTRODUCTION-

先日、微熱程度の軽い風邪を引いてしまいました。

幸い仕事やプライベートに支障は無かったんですが、風邪が治った後も数週間咳の症状だけが続いたので、今回は「長引く咳」について記録していきます!

この記事は

咳が数週間(3週間〜8週間以上)続いている人に、ただの咳と思わずしっかり診察に行ってほしくて、書いていこうと思います。

-BODY-

その咳、本当にただの風邪でしょうか?違う病気かもしれません。

風邪を引いたり、細菌やウイルスに感染した際に、それらの異物を排除するための生理現象の一つが咳です。
外気にさらされる喉や気管を外敵から守る大切な機能ですよね。
風邪が治ると同時に咳も徐々に治る場合もあれば、そのまま咳が続き違う病気に移行する場合もあるようですよ。

3週間以上続く時、まずは近所のクリニックへ

風邪によるものではない咳の可能性が高くなる指標は、3週間以上続いているかどうか、だそうです。
8週間が基準という場合もあるようですが、3週間も咳が続いている時点で、精神的にもかなり疲弊してしまっていることでしょう。
近所のクリニックであれば問題なく診察してくれますので、3週間のタイミングで気軽に受診しましょう。

3週間以上咳が続くようであれば、近所のクリニックを受診しましょう!

風邪以外の咳、どんな病気があるの?

最も多いのは咳喘息

慢性の咳の場合、咳喘息が最も多いようです
気管支喘息の予備軍のようなもので、早めの対処で悪化を防ぎたい病気です。

咳喘息の原因は、

  • 風邪などの感染症
  • タバコの煙
  • 気温や湿度の変化
  • 会話
  • 運動

が多いようです。

ken
ken

気温の変化、会話や運動など、身近なものがキッカケになってしまうんだね!

主な症状の特徴は、

  • 空咳が続く
  • 喘鳴(ゼーゼー、ヒューヒュー)や呼吸困難は伴わない
  • 夜間と早朝に悪化することが多い

です。

治療には、狭くなった気管支を拡張する薬を服用します。
病状により、吸入ステロイド薬を使用しなければいけなくなることもあるようです。
完治には数ヶ月かかることもあるようで、結構時間がかかるんですね。

咳喘息以外の病気

気管支喘息

咳喘息の延長と考えて構わないと思います。
前述したように、咳喘息とは違い、喘鳴や呼吸困難を伴います。

ken
ken

呼吸困難は怖いね…

胃食道逆流症・逆流性食道炎

最近では若年層にも増えてきている病気です。
僕自身も一時期なったことがありますし、友人も罹ったことがある人が多いです。

脂っこい食事やストレスによって、胃液に耐性のない食道まで胃液が上がって来てしまい、炎症が起こります。
食後すぐに横になる、便秘による腹圧で胃が上に押し上げられる、といった物理的な原因によって起こることもあります。

症状は、胸の辺りに痛みを感じたり、胸焼けが起きます。
心臓(胸の中心)辺りが痛く、心臓の病気なのではないか、と心配することもあります。
酷くなると、潰瘍ができたり、食道ガンに進行することもあります。

咳の特徴としては、胸に辺りに違和感を感じて、「ゴホンっ」と単発で出るところです。

服薬による治療がとても有効な病気で、胃酸を抑えることで治療しますが、数ヶ月、数年後に繰り返す人が多く、食生活・習慣を見直さないと完治は難しいです。

ポイント

・胸のあたりに痛みがある
・食後に痛む
・横になると痛む
・咳は、むせるような「ゴホッ」という単発
・薬で早期の完治が可能

ken
ken

僕はよく経験するので、その時の経験談を沢山まとめてみたよ!

百日咳

百日咳菌(Bordetella pertussis)が原因で起こります。
1歳未満の子供がよく感染し、その子供から大人に感染することがあります。
短い咳が出て、息を吸うときにヒューと音がするのが特徴です。
菌による感染症なので、咳と同時に黄色い痰が出続けることが多いです。
発熱が無いこともあるようで、知らないうちに菌はどんどん増殖していき、呼吸困難により命に支障が出ることもあるようですので、早期発見が大切です。

-SUMMARY-

まとめ

咳が3週間以上続く場合は、ただの風邪と思わず、まずは近所のクリニックを受診しましょう。
自覚症状は小さなものでも、進行すると大きな病気になり治療に時間も費用もかかります。
「なんだかずっと咳がとまらないなぁ」と悩んでいるより、先生に相談してみたほうがスッキリしますよ!

タイトルとURLをコピーしました