ボディメイクに一番大切なものは筋トレではない

ボディメイク
この記事は

筋トレの質ばかりを気にしてしまい、筋トレよりも大切なことを忘れがちな人に向けた記事です。

-INTRODUCTION-

ボディメイクを行う際、最初に始めることと言えば、やはりジムで筋トレだと思います。
ジムで脂肪を燃焼し、筋肉を強く太くすることは、身体の変化には間違いなく大切なことです。
筋トレの質を上げるために、フォームや回数、解剖学などを勉強することは必須ですよね。

しかし、筋トレのことばかり考えていて、ボディメイクに本当に大切なこと、疎かになっていませんか?
なんなら、筋トレ以外のことのほうが大切であることを忘れてはいけません。

-BODY-

筋トレはボディメイクに必要な物のわずか1割

筋トレの重要性についてよく言われている割合の話です。

ボディメイクの大前提

筋トレ1割、食事と休養9割

体は、食事で摂取したものを材料として、

  • 運動に必要なエネルギーの算出
  • 睡眠などの休養中における、体の修復と成長

といった、体を作る・成長させる、といったことをしています。

食事の質と睡眠の質を向上させることはとても大切なことは誰しもが分かっていると思います。
では、その重要度の割合において、これらが9割を占めると言われている理由を考えてみます。

生活の多くを占める食事と睡眠

食事は多くの人が1日3回ほど、摂っていると思います。
そして睡眠は多くの人が1日6~8時間くらいは取っていると思います。

こういったシンプルな単純計算で考えても、1日1時間くらいしか行わないトレーニングと比較して、生活に占める割合が多いことは分かりますよね。

運動は体を変えるためのスイッチ

だからといって、食事と休養だけを徹底したところで体は変わりませんし、筋トレを重視しなくても良いというわけではありません。

筋トレなどの運動を行うことで、筋肉に負荷がかかったり、神経が発達したり、体脂肪が燃焼されます。
それが体の変化のスイッチとなり、そのスイッチが入った状態で、栄養や休養を取ることで、体が実際に変化していきます。

筋トレばかりに気が行っている人は、完璧に行った筋トレに満足してしまったり疲れてしまうことで、筋トレ以外のことが疎かになっていることが多く、
せっかく完璧にこなした筋トレの効果を最大限引き出せていないパターンが多いということです。

筋トレで辛い思いをしてONにしたスイッチを最大限活かすために必要なのが食事と休養です。

-SUMMARY-

まとめ

以上のことから、「生活」という広い視野で見てみると、運動だけでなく、食事や休養の管理が大切であることは一目瞭然だということが分かってもらえると思います。

実のところ、
筋トレや運動は、ボディメイクにおいて重要なことの10割近くを占めていると僕は思っています。
筋トレのスキルが上がると体の変化は顕著に変わっていきますし、体育に関する知識を勉強すればするほど、上手にボディメイクができるようになります。
筋トレ以外の食事や休養が疎かになってしまうことで、ボディメイクの10割近くを占める筋トレの効果がゼロに近くなってしまうという落差によって、食事と休養の重要度が9割と言われているんだろうなと僕は考えます。

「割れた腹筋が欲しい」とか「痩せて綺麗になりたい」とか、目標に向けて、運動の情報を収集することばかりが忙しい人、とても多いですが、
それらの情報を実際に成果として出すためには、食事と休養がしっかりできていることが前提です。
しっかり運動に取り組んでいないのに成果が現れなくて悩んでいる人は、一度、「食事と休養」をまずは見直してみると良いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました